TEL

姿勢の変化は重力によって影響する

2016.11.14 | Category: 身体のこと

重力 姿勢 関節人の姿勢は常に重力によって影響をうけています。そして常に姿勢の変化を感知して身体の中心に重心がくるように無意識に調節しています。ただ足を捻挫したり骨折したりすると構造的に足の長さが変わることもあります。

そうなると足の機能異常から骨盤や脊椎、上半身、頚椎まで変位を起こします。また反対に頚椎の異常でヒラメ筋の機能低下につながることもあります。また姿勢を維持するために大切な働きをしている固有受容器は頚椎にあります。

とくなが鍼灸整骨院では筋群の協調性と機能改善、筋出力向上などを獲得するテクニックを治療のなかにいれております。また高齢者の筋力維持および転倒予防にも効果絶大です!

骨盤からの負の連鎖

2016.11.11 | Category: 身体のこと

骨盤が後ろに倒れることを骨盤の後傾といいます。骨盤が後傾すると椎骨の前に負荷がかかりその状態がつずいた場合椎間板や脊柱起立筋に負荷が蓄積されぎっくり腰などの急性腰痛につながります。

骨盤 歪みまた骨盤が後ろに傾くことによって体はバランスをとろうとして重心を中心に戻すように動きます。また骨盤が後ろに後傾すると体はバランスを保とうとして股関節や膝関節を曲げて保とうとします。そして体が曲がった状態であれば肺がうまく広がらずに呼吸が浅くなったりいつもより呼吸筋を使いすぎるため疲れやすくなります。

とくなが鍼灸整骨院では姿勢の崩れをただし将来引き起こしかねない障害を予測し障害予防という観点に力をいれています。

肩こりをほっておくと腰痛になるわけ

2016.11.11 | Category: 身体のこと

主に肩こりに関係する筋肉は僧帽筋や肩甲挙筋という筋肉です。

これらの筋肉が緊張し短縮することによって重心が肩こり側に傾いてしまうのです。そのため重心を戻そうとして反対側の筋肉に無意識に力が入ってしまうのです。

このとき腰方形筋が重心を真ん中に戻そうとします。腰方形筋は骨盤の変位にもすごく関係してる筋肉です。そのため腰方形筋や腹斜筋に負荷がかかり腰痛を二次的に発生させることがあります。この状態が長くつずくと椎間板ヘルニアなどのリスクが高まります。とくなが鍼灸整骨院肩こりではストレッチが必要な筋肉かまたは筋力アップが必要かを判断し筋力バランスを考えて治療を行います。

 

骨盤

2016.11.07 | Category: 身体のこと

骨盤 腰痛骨盤が前傾している人がいます。いっぱんに反り腰ともいわれています。これはどのようなときに起こるかというと筋肉のバランスが崩れたときに起こります。

骨盤を前傾させる筋肉が短縮または過度に緊張している場合に前傾が増加し反対に前傾させる筋肉が弱化または低緊張となることで後傾します。そうすると、椎骨の後方にストレスがかかり椎間板や椎間関節に刺激が蓄積されやがて関節性の腰痛となります。当院では身体における筋バランスやアライメントを総合的に判断し非対象部位やミスアライメントを見つけ整えていくことにより痛みを取り除くことだけでなく同時に障害予防へと繋げていきます。

関節には運動に関わる重要な信号がある

2016.11.01 | Category: 身体のこと

肩関節に限らず関節には関節を包む袋があります。この袋のことを関節包といいます。この中には機械受容器と呼ばれる受容器がたくさんあります。関節の運動や位置を受容器が感じ取り脳へ信号を送って関節の状態を監視しています。

野球肩など何回も反復して外力がかかるとやがて損傷します。すると高感度センサーがちゃんと機能しなくなりやがてスポーツパフォーマンスにも障害が出てきて、いわゆる肩を壊すという最悪な結果につながります。

とくなが鍼灸整骨院では動作フォーム、アライメントを意識してイメージ動作と実際の動作との差異を修正しながらスポーツにおけるパフォーマンスの向上に努めます。

慢性の腰痛は脊柱の筋肉に大きな原因がある

2016.11.01 | Category: 身体のこと

姿勢などを安定させるために脊柱起立筋の下には多裂筋があります。脊柱の進展運動に作用しますが、働きは弱くて基本的には椎骨どうしを引き付けて安定させる役割があります。

慢性の腰痛患者では多裂筋が委縮している場合が多いです。やはり委縮した筋肉にマッサージするだけでは不十分です。神経系統に働きかけ物理的なストレッチも必要です。

とくなが鍼灸整骨院では神経生理学的にアプローチをし筋力 筋出力増強訓練を行い、委縮していたら伸ばし筋力トレーニングを行い身体の左右のバランスを調えていきます。

 

姿勢は骨盤と神経に関係する

2016.10.29 | Category: 身体のこと

姿勢を維持するうえで神経と筋骨格系が大事です。その中でも固有受容器というものがあります。

固有受容器とは、体の中にあるセンサーみたいなもので例えば走っていて急に止まるときに、これくらいのスピードであればこれくらいの筋力で止まればいいということや、目をつぶった状態でもある程度自分の感覚で身体の傾きなどを把握できたりする機能のことです。そして姿勢制御に特に大きく関係してるものは、足底、骨盤部、頚部の情報です。姿勢

頸部の深層筋には身体の中で最も多数の固有受容器があります。骨盤部では特に仙骨に多いです。骨盤部と頸部に刺激を与えることが姿勢制御に大事です、

ですのでマッサージやストレッチなど物理的な治療効果と神経的な作用にも働きかけることができます。

固有受容器はトレーニングできます!

男性より女性の方が体が柔らかい理由

2016.10.27 | Category: 身体のこと

一般的に体は柔らかいほうがいいと言われています。女性が男性より柔らかい人が多いです。

でもそれが原因で関節変形は圧倒的に多いです。逆に男性では体が硬い人が多いです。

これは筋肉が短縮しています。筋肉が短縮している場合は急な動きで筋肉傷めることが多く

逆に筋肉が柔らかいと適度な張力を発揮することができずに関節や靭帯で動作を制御してしまい

結果的に関節や靭帯のケガが多くなります。男性では筋肉を傷めることが多く逆に女性では関節や

靭帯を傷めることが多くなります。男性は体が硬い女性は体が柔らかい

スポーツにおける肩の神経障害

2016.10.22 | Category: スポーツと身体,身体のこと

野球選手やバレー選手に多い腋窩神経障害というものがあります。これは神経が通り道の間で圧迫されてでるものです。

症状としては腋窩神経が支配する肩にある三角筋が痩せてきたり腕の親指側の外側に知覚障害などがおきます。

また肩関節の肢位によっても神経にかかるストレスが変わっています。

とくなが鍼灸整骨院では腋窩神経を正確に触診し状態を確認してから滑走障害を改善する治療を行います😉 野球 肩関節バレーボール 肩

首の大切さ

2016.10.20 | Category: 身体のこと

交通事故 むちうち頸椎(首)は非常に複雑な構造で繊細にできています。頭の重さは体重が60キロの人であれば6キロ~8キロになります。
それを7個の骨で支えています。首には脳へ血液を供給する血管が通っており重要な血管の通り道です。
また頸椎は非常に動くため靭帯がたくさんあります。これは脊柱官の中を通る脊髄神経を保護する役目があるためです。頸椎の機能異常がヒラメ筋の機能低下を起こす研究結果もでています。
一回の交通事故のムチ打ちで頸椎がストレートネックになることもあります。そうすると肩こりに首コリに悩まされることにもなります。
痛みの場所と真の原因は必ずしも一致しないこともあるので当院では治療を行う上ではしっかりと精査したうえで行います。

当院へのアクセス情報

所在地〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目2-18 日東住宅3-106
駐車場なし(近隣にコインパーキングがあります)
電話番号06-6586-6816
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日日曜日(祝日は不定休)