TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 姿勢は骨盤と神経に関係する

姿勢は骨盤と神経に関係する

2016.10.29 | Category: 身体のこと

姿勢を維持するうえで神経と筋骨格系が大事です。その中でも固有受容器というものがあります。

固有受容器とは、体の中にあるセンサーみたいなもので例えば走っていて急に止まるときに、これくらいのスピードであればこれくらいの筋力で止まればいいということや、目をつぶった状態でもある程度自分の感覚で身体の傾きなどを把握できたりする機能のことです。そして姿勢制御に特に大きく関係してるものは、足底、骨盤部、頚部の情報です。姿勢

頸部の深層筋には身体の中で最も多数の固有受容器があります。骨盤部では特に仙骨に多いです。骨盤部と頸部に刺激を与えることが姿勢制御に大事です、

ですのでマッサージやストレッチなど物理的な治療効果と神経的な作用にも働きかけることができます。

固有受容器はトレーニングできます!