TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 肩こりをほっておくと腰痛になるわけ

肩こりをほっておくと腰痛になるわけ

2016.11.11 | Category: 身体のこと

主に肩こりに関係する筋肉は僧帽筋や肩甲挙筋という筋肉です。

これらの筋肉が緊張し短縮することによって重心が肩こり側に傾いてしまうのです。そのため重心を戻そうとして反対側の筋肉に無意識に力が入ってしまうのです。

このとき腰方形筋が重心を真ん中に戻そうとします。腰方形筋は骨盤の変位にもすごく関係してる筋肉です。そのため腰方形筋や腹斜筋に負荷がかかり腰痛を二次的に発生させることがあります。この状態が長くつずくと椎間板ヘルニアなどのリスクが高まります。とくなが鍼灸整骨院肩こりではストレッチが必要な筋肉かまたは筋力アップが必要かを判断し筋力バランスを考えて治療を行います。