TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 腰痛で悩む人に

腰痛で悩む人に

2016.12.01 | Category: 身体のこと

一つの関節を動かすには主働筋が働き拮抗筋が緩み関節を支える固定筋が収縮していなければなりません。
腹筋運動をする際に脊柱起立筋の柔軟性が落ちていたり硬くなっていたら背中を十分に丸くすることがでいません。
すると腹直筋に十分に刺激が伝わらずうまく狙いたい筋肉を発達させることができないのです。
それでも無理にあげようとすると今度は腰椎から骨盤をまたぐように大腿骨の小転子に付着する腸腰筋が収縮して鍛えられます。
そうなると腰椎の前弯が増強され負担をかけてしまい腰痛の原因になることもあります。
長時間、運転されるドライバーのみなさんは股関節が曲がり腸腰筋が収縮したままなので腰に負担がかかりつずけています。
とくなが鍼灸整骨院では障害発生にリスクを取り除き疲れにくい身体にもっていきます腰痛