TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > ストレッチの目的

ストレッチの目的

2016.12.15 | Category: 身体のこと

ストレッチ様々な要因によって柔軟性が低下したりすると慢性の痛みやスポーツ障害に繋がることがあります。大腿部後面のいわゆるハムストリングが硬くなっていると骨盤を後ろに倒す力が発生します😖

そうすると腰から背中の筋肉が硬くなり腰痛を引き起こす原因になります。また腰高の姿勢になりフォームを崩ししてしまいます。やはり抗重力筋は大事です。体に縦方向についてる筋肉です。

足首が硬いために深く踏ん張れずに肘を痛めてしまう投手もいます。スポーツ選手はこまめにストレッチをしないと良好な柔軟性の確保は難しいです。ただストレッチはタイミングを間違えるとパフォーマンス低下にもつながるので注意が必要です。

試合前は動的ストレッチにより伸張反射を誘発し筋出力をあげパフォーマンス向上につなげます。

競技後は静的ストレッチによりリラクゼーションに役立ちます。