TEL

動きを滑らかに

2017.01.24 | Category: スポーツと身体,身体のこと

筋肉 野球投球動作では肩甲骨や鎖骨の可動性が肩の障害予防には重要です。より速いボールを投げようと力任せに投げると関節、靭帯、筋肉の緊張が生理的限界を越えてしまいます。

アウターマッスルとインナーマッスルや内旋筋や外旋筋などのアンバランスなどが生じると肩甲骨と上腕骨の正常なリズム運動が滑らかに行えないため炎症が引き起こされます。

投球動作を考えるとき肩や肘 手関節などに注目してしまいますが野球に関するすべての動作は腰の激しい回転力が起因となっており腰を痛める選手も多いです。