TEL

Blog記事一覧 > スポーツと身体,身体のこと > 力強くしなやかなフォームをつくるためにすること

力強くしなやかなフォームをつくるためにすること

2017.08.29 | Category: スポーツと身体,身体のこと

ゴルフ体幹を安定させるためには、いろいろな筋肉が働いています。体の後ろにある筋肉で広背筋、大殿筋があります。これらの筋肉は背中を斜めに走っている大きな筋肉です。

これらの筋肉はゴルフのスイング動作や野球における打撃や投球動作などの回旋動作に関わっています。スポーツにおいては激しい動きの中に体幹の安定性もないとフォームの乱れやケガにも繋がります。

とくなが鍼灸整骨院では神経系にアプローチして特にフォーム作りの観点から多大な成果をあげています。フォームの修正のために投げ込みや打ち込みだけの反復練習で回数を重ねるだけでは古いやり方だけではなく問題は解決しないのです。とくなが鍼灸整骨院では動作を分析し洗練されたフォームへと導く指導を行います。