TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 『腰を反らすと痛い』という人

『腰を反らすと痛い』という人

2017.08.31 | Category: 身体のこと

腰を反らすと痛い場合は骨盤が前傾している場合が多いです。このような方の場合、腸腰筋や大腿直筋など身体の全面にある筋肉が緊張して短くなっています。

骨盤 腰痛そして大殿筋やハムストリングなどが筋力低下して伸びたようになっています。その結果体の歪みにつながっています。

簡単にいうとこのような場合筋の緊張があるところはストレッチをして反対に筋肉が弱化して伸びてしまっているよなところは筋トレを促して左右のバランスをとっていきます。ただ患者さんの中には長い間その姿勢でいたので違和感をあまり感じないひともいます。

そういう方に弱化している筋肉を鍛えるトレーニングをしても力の入れ方がわからなくて代償動作でされてる方もたくさんおられます。そのような場合とくなが鍼灸整骨院ではではPNFテクニックの継時誘導や発散を使い筋出力を上げてから行います。