TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > バランスよくスムーズに動けるためには

バランスよくスムーズに動けるためには

2017.10.02 | Category: 身体のこと

筋肉は使用頻度が多い筋と、そうではない筋肉があります。そうすると筋のアンバランスな状態になっています。

その状態でスポーツをすると怪我をおこしやすいです。関節の周りにある筋肉を正しく収縮することで関節を安定させることができます。

関節が安定すると正しい姿勢やフォームができるようになります。またパフォーマンスの向上だけではなく怪我をするリスクも減らせます。

とくなが鍼灸整骨院では関節、筋や腱にある固有受容器をPNFパターンを使い、競技でよく使う筋や活動低下している筋や短関節を事前に刺激をしておき筋出力の向上がともない事前にスムーズに使えるように準備します。