TEL

Blog記事一覧 > 2017 6月の記事一覧

障害予防とパフォーマンスの向上

2017.06.26 | Category: スポーツPNF

スポーツ選手スポーツ選手は身体が柔らかくなければいけません。障害予防やスポーツパフォーマンスに影響するからです。スポーツ選手は競技をしながらの柔軟性が大事になってきます。

自力で起こす動作なので能動的可動域といわれます。その逆に外部からの抵抗によって他動的に動くことを受動的可動域と言います。

この差が大きいほどスポーツ障害が起きやすいといわれています。一般にスポーツ動作は日常生活では起こりえない身体的活動です。

すると骨格を支える筋肉にアンバランスが発生します。背骨の位置異常により脊椎が曲がりパフォーマンスが低下して障害にもつながるのです。

とくなが鍼灸整骨院では自己矯正エクササイズも取り入れ症状の改善に導きます。

打ち切り!

2017.06.20 | Category: 交通事故,身体のこと

交通事故交通事故の治療をしていくと、レントゲンなどには異常がなくても動作をしたときに痛みが走ったり痺れが残っていたりすることが長期に渡ることもあります。

そのようなときにだいたい3ヶ月、6ヶ月を過ぎると、保険会社の担当者のかたからそろそろ治療の打ち切りますよということがあります。担当者の方からしたら客観的な評価がほしいのです。あれば認めてくれます。とくなが鍼灸整骨院ではそのあたりもしっかりとサポートさせていただきます。

筋力をあげる? 筋出力をあげる?

2017.06.07 | Category: スポーツと身体,身体のこと

筋力向上とは筋肥大のみならず神経系の調節による筋出力の向上も関与しています。どういうことかというとどんなに大きく発達している筋でも神経と筋力の調節機構がうまく機能していないと強い力を発揮することができません。筋肉 筋トレ
人間の身体にはおもしろい反応があります。それは筋肉を直接触れることによりストレッチが容易になったり力が入りやすくなったりします。皮膚の受容器をとうして筋出力がたかまるのです。

姿勢はなぜ悪くなる?

2017.06.07 | Category: 身体のこと

姿勢 歪み姿勢が悪くなる原因としてあるのが、仕事の環境、癖、利き腕、利き足などによりよく活動する筋肉とあまり活動しない筋肉に分かれるということです。

それにより筋活動量の多いところとあまり使わない筋活動量の少ないところに分かれるということです。すると筋疲労と筋肉が固くなり脊椎の可動性も低下して筋バランスが悪くなり姿勢が悪くなるのです。

その状態でスポーツや日常生活を送るとあちこちに痛みが出てきたりパフォーマンス低下にもつながるのです。神経、筋肉、骨格にアプローチすることが大事です。当院では脊椎の自己矯正法なども提案しています

当院へのアクセス情報

所在地〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目2-18 日東住宅3-106
駐車場なし(近隣にコインパーキングがあります)
電話番号06-6586-6816
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日日曜日(祝日は不定休)