TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 緩やかに老いていくために

緩やかに老いていくために

2018.07.11 | Category: 身体のこと

脊柱脊柱とは、上から頚椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙椎5個、尾椎3~5個ですが仙椎と尾椎は20代後半くらいには癒合してそれぞれ仙骨、尾骨という一つの骨になります。

これらの骨が積み木のように積まれているのが脊柱といいます。この積み木と積み木の間にはクッションがあります。これを椎間板といいます。

歳を重ねると椎間板の水分が減少して厚みがなくなっていき、身長が低くなる原因となります。とくなが鍼灸整骨院では椎間板を若々しく保つために椎骨一つ一つを動かすエクササイズなどを行い椎間板の新陳代謝をおこないます。