TEL

Blog記事一覧 > 身体のこと > 高齢者の骨粗しょう症による骨折

高齢者の骨粗しょう症による骨折

2018.07.27 | Category: 身体のこと

高齢者の骨粗しょう症による骨折では背骨の骨が一番多いものとなっています。その後、背骨が曲がってしまい〔後弯変形〕になってしまう確率がたかくなります。

こうなると内蔵の働きが悪くなったり呼吸機能の低下などにもつながってきます。骨粗しょう症の患者では背筋力が減弱しています。

そのため背筋強化の運動が推奨されていますが腰背部に強い負担がかかってしまうため痛みやまた新しく骨折を起こしてしまう可能性もあるためなかなか自分で行うには難しいと思います。

そのためにとくなが鍼灸整骨院では高齢の骨粗しょう症の方にでも安全でかつ有効な背筋運動療法を行います。