TEL

スポーツ障害 | 浪速区・日本橋・恵美須町駅 とくなが鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツをする人が増えてきたため、スポーツで怪我をされて来院される方が増えてきています。スポーツ動作を分析していくと曲げ伸ばすだけの直線的な動きというのは少ないです。ボールを投げたり、相手を投げ倒したりする時には、必ず捻りの動作が入ってきます。
そうすることによりアウターマッスル、インナーマッスル、関節をしなやかに動かすために関節付近に付着部のある筋肉が協調して動かなければならないのです。

慢性症状を呈するスポーツ障害などは筋力バランスが崩れている場合が多いです。例えば、背筋群に対して腹筋群が弱くなりすぎていると腰痛の原因になりますし、肉離れなども筋力のアンバランスが原因で起こります。

また、鋼のような体格をしていてもどこか一つ弱いところがあれば、そこに負荷が集中し、簡単に障害が発生します。スポーツ障害を根本的に治すためには、体の使い方にアプローチすることが効果的です。当院では、多角・螺旋運動を主体としたPNF施術を行っております。PNFとは神経と筋の機能を改善させ普段使えてなかった筋肉群を活性化させスポーツ障害による予防、またフォームの修正によるスポーツのスキルアップにもつなげることができます。

当院では、スローリバーサル・リピーティッドコントラクション・リズミックスタビリゼーション・ホールドリラックス・コントラクトリラックス・リズミックローテーションなどテクニックを用いた施術していきます。
また鍼と灸も治療に取り入れていくとより一層効果が上がります。