TEL

野球選手の肩の故障 | 浪速区・日本橋・恵美須町駅 とくなが鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害,関節の痛み > 野球選手の肩の故障

野球選手の肩の故障

2019.02.11 | Category: スポーツ障害,関節の痛み

野球野球選手の肩の障害で多いのは投げる時に使う筋肉ではなくてフォロースルー期〔投げ終わり〕のときに使う筋肉〔外旋筋群〕に多いです。

高校野球を対象とした調査では外旋筋力が弱い選手には退部者が多いと報告されています。

そのため肩の障害予防に関しては外旋筋群〔棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋〕の十分なコンディショニングやトレーニングが必要になってきます。

しかし、ただたんに、外旋筋群を鍛えれば防げるというものではないです。外旋筋群と周囲の筋肉との協調的な動作が必要になります。

そのためにはPNFの螺旋的な動きのトレーニングは必須となってきます。とくなが鍼灸整骨院では投球バイオメカニズムを知ったうえでトレーニングでコンディショニングをすすめ障害を起こしにくいフォームを理解してもらいます。