TEL

姿勢改善コンディショニング | 浪速区・日本橋・恵美須町駅 とくなが鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 姿勢改善の記事一覧

姿勢改善コンディショニング

2018.11.19 | Category: 姿勢改善,腰痛

姿勢 骨盤改善姿勢が崩れる原因としていろいろな例がありますので述べていきます。

●筋肉を痛めたことによる筋緊張、短縮

●疼痛緩和肢位〔痛みをかばう体勢〕

●先天的な変形

●後天的な変形

●関節の拘縮〔軟部組織性〕

他いろいろとあります。筋膜、腱、関節包などは収縮したりしないため物理的に伸ばすストレッチングをしないといけません。

姿勢を見るうえでも神経、筋肉系、骨格系のいずれかの一つでも障害があればなんらかの姿勢が崩れる原因になります。

PNF施術などは視覚刺激を用いるので客観的に自分の状態がわかるのでよいです。とくなが鍼灸整骨院では背骨を一つ一つ動かすエクササイズを行い単関節のインナーマッスルを活性化し姿勢改善に導きます。

正常な筋活動とは?

2018.11.17 | Category: 姿勢改善,腰痛

筋肉 筋活量ある動作を行うときに筋肉には収縮する順番があります。

このことをファイアリングシークエンスといいます。

例えば股関節の外転〔脚を外側に持ち上げること〕大腿筋膜張筋→中殿筋→腰方形筋という具合です。

ただこれを自分で確かめようとするのは難しいです。間違えた状態で体を使っていくとやがて障害を引き起こす原因となります。

お尻の筋肉〔中殿筋〕が機能低下すると、ほかの場所の筋肉が代わりに働こうとします。このことを代償運動といいます。

もちろん歩き方もぎこちなくなります。なぜ腰が痛くなったのかを突き止めないと再発してしまいます。一時的に楽になりたければ激安もみほぐし店にいくこともいいと思います。根本的に改善を考えるのであればとくなが鍼灸整骨院にお任せください。

悪い姿勢による弊害

2018.11.16 | Category: スポーツ障害,姿勢改善

姿勢が悪い姿勢が崩れる原因はたくさんあります。

①筋力の不均衡

②疼痛緩和肢位

③関節の構造的変化【骨折など】

④身体的特徴

⑤生活習慣などによる不良姿勢。

特にスポーツ選手の場合など怪我はつきものになります。痛い場所をかばってプレーしていたりすると必ず筋バランスの不均衡がおこります。

積み木をイメージされるとわかりやすいと思います。

足や膝をけがして疼痛緩和肢位をつずけると重心と重力ラインが変化しバランスを保つために筋肉と関節には大きな力が必要になってきます。姿勢がよいと心理的にも安定しています。

とくなが鍼灸整骨院では怪我の再発防止のために姿勢矯正も行います。

 

なで肩の女性や筋肉質の男性に共通しておこる症状

2018.10.25 | Category: 姿勢改善,肩こり

肩 腕腕に痺れが発生する原因で胸郭出口症候群があります。

頚椎に由来する痛みなのか判別するのが難しい症状です。

この症状は、なで肩の女性や筋肉質の男性に起こりやすいものです。

腕神経叢という神経の束の通り道に解剖学的に狭くなるところが3つありそれぞれ言い方があります。

一つ目は首にある斜角筋という筋肉があり前斜角筋と中斜角筋というところで筋肉の過緊張で締め付けます。斜角筋症候群と言います。

もう一つは鎖骨と第一肋骨で構成される骨性のトンネルで挟み込まれるパターンです。肋鎖症候群といいます。3つめは小胸筋の下で挟みこまれて特に腕を外転することによって締め付けられるパターンで過外転症候群といいます。

膝の外側の痛み

2018.10.23 | Category: スポーツ障害,姿勢改善,膝の痛み

ランナー 膝 痛みランナー膝というものあります。

これは特にランナーだけに発症するものだけではなく体重を負荷し股関節を安定させている筋肉のアンバランスなどに起因し膝の外側の大腿筋膜張筋や中殿筋、腸脛靭帯が硬くなり痛みが発生します。

またこの状態を放っておくと坐骨神経痛や仙腸関節の機能不全を発生させる引き金となることがあります。

とくなが鍼灸整骨院では股関節外転筋群のPNFエクササイズや筋と神経システム間の伝達がよくなるファシリテートストレッチングを行いスポーツ障害や姿勢改善につなげていきます。

メタボリックシンドロームにならないてめに!

2018.09.01 | Category: 姿勢改善

 メタボ 肥満お腹を凹ますための運動は30分が目安です。

40代になると体を鍛えている人とそうでない人の差ははっきりりと現れてきます。この運動時間はトータルで朝に10分夜20分と分けてしても大丈夫です。

昔、有酸素運動は20分以上しないと脂肪が燃焼しないと言われましたが分けてトレーニングしても脂肪の燃焼効果にはほとんど差がないことがわかってきています。

また内臓脂肪を減らす目的であればまずは筋力トレーニングを行ってから有酸素運動をすることが効果的だということもわかってきています。40代でもスリムな体を目指していきましょう!

体幹由来の尿漏れ?

2018.08.30 | Category: 姿勢改善,腰痛

最近体幹が弱っていると感じませんか?たとえば腰痛がひどいとかバランスをくずしやすくなってきたなどです。

また咳やくしゃみをしたときに尿が漏れてしまったなどです。女性は妊娠、出産を経験することで腹横筋や骨盤底筋群が弱くなります。

骨盤底筋群は日常生活で少し意識するだけでも十分に鍛えることができます。

電車や自宅で家事をしているときに尿道や肛門、膣を締めたり緩めたりする運動が効果的です。

とくなが鍼灸整骨院ではコアスタビライゼーショントレーニングを行いインナーユニット〔腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜〕を活性化させていきます。トイレ 頻尿

ポッコリおなかと腰痛

2018.08.29 | Category: 姿勢改善,腰痛

体幹 インナーマッスル腰痛になるとマッサージを受けに行かれると思います。

マッサージによって筋肉の緊張がほぐれても一時的な場合が多いです。

このとき腹筋が足らないからと腹直筋ばかり鍛えても意味がありません。

やはりインナーマッスル内、外腹斜筋、腹横筋を鍛えて体幹トレーニングを行い肉体のコルセットを装着させることが一番いいです。

アスリートでなくても体幹は大切です。体幹がしっかりしているとデスクワークなどでも長時間集中して仕事ができます。とくなが鍼灸整骨院では神経、筋肉の協調を改善しコンディショニングを行います。

姿勢をコンディショニング

2018.08.28 | Category: 姿勢改善

姿勢姿勢が崩れる要因はたくさんあります。

運動のし過ぎによる偏った筋肉の使い方やまったく使わない部分があったりすると筋肉が硬くなりまた脊椎の可動性も低下します。

スポーツ選手に限っては姿勢の変位が骨格を左右する筋肉のアンバランスにつながりスポーツ障害に発展しパフォーマンス低下を起こします。

また猫背になると精神的にもよくないことがわかってきています。とくなが鍼灸整骨院では姿勢改善エクササイズやPNF エクササイズの手技を使い神経ー筋機能を改善し運動機能の回復をします。

脚を太くする?

2018.08.25 | Category: 姿勢改善

普段からスリッパやサンダルを履く人は要注意です。長時間履くと下腿部にはよくないです。

本来歩行は、踵から着地して重心がつま先に抜けて足裏全体を使って歩くのが正しい歩き方です。

しかしスリッパやサンダルですとつま先からペタペタと着地しますので、ふくらはぎの筋肉が使わず筋のミルキングアクションが使えません。

やはり足関節をしっかり使って歩くとふくらはぎの筋肉が伸びちじみするので自然と引き締まってきます。とくなが鍼灸整骨院ではPNF の足関節パターンを使い、ふくらはぎの筋肉を引き締めます。