TEL

坐骨神経痛? | 浪速区・日本橋・恵美須町駅 とくなが鍼灸整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害の記事一覧

坐骨神経痛?

2018.11.21 | Category: スポーツ障害,腰痛

坐骨神経痛臀部の深層には梨状筋という姿勢維持をする筋肉があります。

この筋肉は仙骨に付着して脊柱を安定させたり腰の筋肉とともに骨盤のバランスを維持しています。

この梨状筋が硬くなることによって梨状筋の内側や筋の中を貫通するように走っている人体で一番太いと言われる坐骨神経を圧迫します。

それにより坐骨神経痛が発生します。梨状筋症候群といいます。

梨状筋が過緊張を起こしますと股関節が外旋変位〔つま先が外に向いた状態〕を起こし骨盤が後方に変位し腰椎の前弯が消失します。

すると腰背部の痛みにもつながります。とくなが鍼灸整骨院では梨状筋にホールドリラックスを行い解剖学的肢位に戻しまた筋出力向上の改善にもつながります。

悪い姿勢による弊害

2018.11.16 | Category: スポーツ障害,姿勢改善

姿勢が悪い姿勢が崩れる原因はたくさんあります。

①筋力の不均衡

②疼痛緩和肢位

③関節の構造的変化【骨折など】

④身体的特徴

⑤生活習慣などによる不良姿勢。

特にスポーツ選手の場合など怪我はつきものになります。痛い場所をかばってプレーしていたりすると必ず筋バランスの不均衡がおこります。

積み木をイメージされるとわかりやすいと思います。

足や膝をけがして疼痛緩和肢位をつずけると重心と重力ラインが変化しバランスを保つために筋肉と関節には大きな力が必要になってきます。姿勢がよいと心理的にも安定しています。

とくなが鍼灸整骨院では怪我の再発防止のために姿勢矯正も行います。

 

バランスボールを使ったスポーツコンディショニング

2018.11.14 | Category: スポーツ障害

バランスボール エクササイズ

とくなが鍼灸整骨院ではアスリートのみならずご高齢のお客様ににもバランスボールを用いた施術を行っております。

バランスボールを用いたエクササイズにはいろいろな応用ができます。

不安定な場所で姿勢を保つには深層筋を使うので普段の生活では使えていない筋肉が活性化することにより体全体の新陳代謝をあげます。

またバランスボールに乗りながらPNFパターンや複雑な動作を組み合わせることによりスポーツ動作と密接な関係を持つ自動的、能動的可動域訓練が可能となります。

手関節や肘の痛み

2018.10.29 | Category: スポーツ障害,関節の痛み

音楽家野球

野球選手や、テニス選手、音楽家、デスクワーカーなどは手関節の酷使されまた前腕の筋肉が緊張し手関節の関節可動域が狭くなっている人が多いです。

反復的なストレスで手根管症候群になることもあります。

また手関節や前腕のシビレなどは頚椎に原因があることもあり早期の施療が必要になります。

とくなが鍼灸整骨院では肘関節のPNFの単パターンを使い筋のコーディネーショントレーニングを行います。

ストレッチング

2018.10.27 | Category: スポーツ障害,関節の痛み

ストレッチ関節の柔軟性を高めたり維持したりスポーツ障害を予防するには柔軟性を高めるトレーニングを行うといいです。

また筋力トレーニングばかりしていると筋肉が短くなり関節がかたくなります。またストレッチングを見ていると漠然と上体を倒したり直線的な動作が多いです。

筋肉の付着部を起始と停止と言い方をします。筋はこの起始から停止まで骨の周りをらせん状に走ります。

そのため、らせん―対角線が欠けた動きは硬くぎこちない不器用な動きとなります。スポーツにおいて股関節の柔軟性はとても大事です。

股関節を内転する筋は大きい動作をするとき引っ張ってきて股関節の動きを止め抵抗してきます。そのため損傷を受けやすい筋です。

とくなが鍼灸整骨院では関節可動域を効率的に広げ筋力とコーディネーションの改善を行います。

ボールを投げると肩が痛い

2018.10.26 | Category: スポーツ障害,肩こり

肩こり 肩が痛い肩関節後方部にQLS〔クアドリラテラルスペース〕があります。

この場所は腋窩神経と後上腕回旋動脈が通過していてこれらが挟み込まれて起こる絞扼性神経障害〔QLSS〕QLSSといいます。

QLSSが疑われる場合外傷の確認も必要になってきます。後上腕回旋動脈〔静脈〕の出血やQLSを構成している筋群の伸張性の低下から起こることもあります。

この場所はスローイングをした後ブレーキをかけるために肩関節の外旋筋群に過度な負荷がかかり、外旋筋の筋力低下は結果として筋緊張や伸張性の低下を招き結果としてQLSの狭小化を引きおこします。

ボールを投げる筋肉も大事ですがより大事なのはブレーキをかけるための外旋筋群が大事です。

とくなが鍼灸整骨院ではカウンセリングをしっかり行い神経と筋にしっかりとアプローチしていきます。

足の裏の痛みについて

2018.10.24 | Category: スポーツ障害,膝の痛み,関節の痛み

足底 足裏足底の真ん中にある分厚い腱膜様組織を足底筋膜といいこの部分が痛くなることを足底腱膜炎といいます。

足底腱膜炎がおこる原因として長時間の立ち仕事、肥満、足関節の背屈制限〔つま先が上に向きにくいこと〕が関与されています。

また足底腱膜炎 偏平足 足関節の背屈制限が重なりあっている状態が多く注意が必要です。

股関節や膝関節また下腿三頭筋の筋力低下などにより代わりに足底筋膜が伸張され伸張ストレスが増強され疼痛が発生します。

とくなが鍼灸整骨院では、運動学的評価を行い疼痛が発生する解剖学的要因を見つけ出し施術を行います。

 

膝の外側の痛み

2018.10.23 | Category: スポーツ障害,姿勢改善,膝の痛み

ランナー 膝 痛みランナー膝というものあります。

これは特にランナーだけに発症するものだけではなく体重を負荷し股関節を安定させている筋肉のアンバランスなどに起因し膝の外側の大腿筋膜張筋や中殿筋、腸脛靭帯が硬くなり痛みが発生します。

またこの状態を放っておくと坐骨神経痛や仙腸関節の機能不全を発生させる引き金となることがあります。

とくなが鍼灸整骨院では股関節外転筋群のPNFエクササイズや筋と神経システム間の伝達がよくなるファシリテートストレッチングを行いスポーツ障害や姿勢改善につなげていきます。

PNF コンディショニング

2018.08.15 | Category: スポーツ障害

関節の柔軟性を高めると競技中の障害を少なくすることができます。ただ筋力トレーニングばかりしていると筋肉が短くなってしまい可動範囲が狭くなりせっかく筋力が増しても力を発揮できなくなります。

そのためには筋力トレーニングの後にはしっかりとストレッチを行わないといけないです。

ただ試合まえなどに静的ストレッチングを行うとパフォーマンスが落ちると言われています。伸張反射というものがあります。

これは柔軟で早くある程度力強くおすと筋がそれ以上伸びないようにストップをかけてしまうのです。このストレッチをダイナミックストレッチと呼ばれています。

あえてこれを行うことで筋出力というものがアップします。筋出力とは本来自分が持っている筋力を無駄なくスムーズに出すことです。とくなが鍼灸整骨院ではPNF のなかにある特殊テクニックを使い施術していきます。

なぜアスリートが体幹を鍛えないといけないか?

2018.01.08 | Category: スポーツ障害,姿勢改善

まず体幹の安定性を高めるためには腹横筋「お腹のインナーマッスル」を収縮しておかなければなりません。

これは腕の運動や足の運動を始めるまえに収縮しておき脊柱の安定性を高めることで腰椎の剛性を高め自由に手や足を動かすことえを可能にしているのです。

またコアトレーニングをしていると垂直飛びやアジリティ能力「敏捷性」が向上します。体幹の安定性が高いと下半身の怪我が減ることが分かっています。

とくなが鍼灸整骨院では意識しにくいインナーマッスルの鍛えかたやバランストレーニングを行いパフォーマンスを向上させます!