TEL

腰痛予防

2018.08.18 | Category: 腰痛

腰痛現代人は一日中長い時間デスクワークされる方が増えています!

それによって足の後ろの筋肉〔ハムストリング〕が萎縮して骨盤を後ろに倒します。そうすると同時に背中が丸くなり姿勢が悪くなり精神的にも悪いです。

長時間座っていると腰に負担がかかり当然腰痛の原因になります。こういうときに体幹の筋肉がしっかりしているだけでコルセットを巻いてるのと同じなので腰がずいぶんと楽になります。

また体幹を鍛えると長時間ベストな状態で仕事ができます。お腹がへっこみ体型も良くなって腰も楽になれば一石二鳥ですね!

PNF コンディショニング

2018.08.15 | Category: スポーツ障害

関節の柔軟性を高めると競技中の障害を少なくすることができます。ただ筋力トレーニングばかりしていると筋肉が短くなってしまい可動範囲が狭くなりせっかく筋力が増しても力を発揮できなくなります。

そのためには筋力トレーニングの後にはしっかりとストレッチを行わないといけないです。

ただ試合まえなどに静的ストレッチングを行うとパフォーマンスが落ちると言われています。伸張反射というものがあります。

これは柔軟で早くある程度力強くおすと筋がそれ以上伸びないようにストップをかけてしまうのです。このストレッチをダイナミックストレッチと呼ばれています。

あえてこれを行うことで筋出力というものがアップします。筋出力とは本来自分が持っている筋力を無駄なくスムーズに出すことです。とくなが鍼灸整骨院ではPNF のなかにある特殊テクニックを使い施術していきます。

女性は骨盤が広がりやすい!

2018.08.14 | Category: 姿勢改善

女性はもともと骨盤が広がりやすいと言われています。

お腹のインナーマッスルに腹横筋があり姿勢保持や骨盤が広がるのを防いでいます。

この腹横筋が衰えてくると当然のように骨盤が広がってくるのは想像できます。

特に女性は出産するとき腹横筋が弱くなって骨盤が広がることで出産の準備をし、出産を終えた直後、当然骨盤は広がった状態ですね。

直後は骨盤矯正や帯でしめたりすることもあると思いますが手っ取り早くかつ健康的に骨盤を閉めるのは腹横筋を鍛えてあげることが一番です。

とくなが鍼灸整骨院では安全かつ有効的にPNFを使い施術を行っております。

 

 

デスクワーカーのコンディショニング

2018.08.11 | Category: 姿勢改善,腰痛

普段私たちが生活するうえで身体の筋肉はバランスよくほとんど使えていません。

私たちの日常生活は座ってることが多くて、よく使う筋肉と、そうでない筋肉とに分かれています。

お尻の筋肉は日常生活においてほとんどOFFの状態です。そうなると腰痛や足首の捻挫などにつながります。

また普段意識することが難しいインナーマッスルを刺激して脊椎周囲筋群を活性化することにより代謝もあがって姿勢もよくなります。

とくなが鍼灸整骨院ではスポーツ選手の障害予防、スキルアップにつながる運動分析を得意としています。

高齢者の骨粗しょう症による骨折

2018.07.27 | Category: 姿勢改善,腰痛

高齢者の骨粗しょう症による骨折では背骨の骨が一番多いものとなっています。その後、背骨が曲がってしまい〔後弯変形〕になってしまう確率がたかくなります。

こうなると内蔵の働きが悪くなったり呼吸機能の低下などにもつながってきます。骨粗しょう症の患者では背筋力が減弱しています。

そのため背筋強化の運動が推奨されていますが腰背部に強い負担がかかってしまうため痛みやまた新しく骨折を起こしてしまう可能性もあるためなかなか自分で行うには難しいと思います。

そのためにとくなが鍼灸整骨院では高齢の骨粗しょう症の方にでも安全でかつ有効な背筋運動療法を行います。

緩やかに老いていくために

2018.07.11 | Category: 姿勢改善

脊柱脊柱とは、上から頚椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙椎5個、尾椎3~5個ですが仙椎と尾椎は20代後半くらいには癒合してそれぞれ仙骨、尾骨という一つの骨になります。

これらの骨が積み木のように積まれているのが脊柱といいます。この積み木と積み木の間にはクッションがあります。これを椎間板といいます。

歳を重ねると椎間板の水分が減少して厚みがなくなっていき、身長が低くなる原因となります。とくなが鍼灸整骨院では椎間板を若々しく保つために椎骨一つ一つを動かすエクササイズなどを行い椎間板の新陳代謝をおこないます。

40代 残念な体つき

2018.05.07 | Category: 姿勢改善,肩こり,腰痛

40代 太る筋肉の衰えが色々な原因になることが多いです。

疲れやすくなったとか太りやすくなったと感じませんか?疲れやすいというものは、そもそも全身の筋力量の低下がすごく影響しています。

肩こりや腰痛も原因の多くは筋力の低下と筋力のバランスの不均衡などが原因で起こります。

何もしなければ脂肪が蓄積されていき残念な体つきになってしまいます。35歳を過ぎるとお腹でてきたなとか脂肪ついてきたなとか自覚してきます。

腕と脚が細くてお腹が出ている残念な体つきになる前にまずは体を動かしましょう!とくなが鍼灸整骨院では筋肉と神経を刺激し動きやすい身体を作り新陳代謝をあげます!

長時間運転するかたの注意点

2018.05.01 | Category: 腰痛

長時間、車を運転される方も多いと思います。長時間の車の運転は腰痛を悪化させる原因となります。

走行中の振動により腰椎が常に振動している状態になり椎間関節や椎間板を刺激します。

そして腰回りの筋肉を緊張させる原因となります。普通は右足でアクセルとブレーキを踏みかえながら運転すると思います。

このとき右足は軽く座面から浮かした状態になります。これにより右股関節の前面の筋肉〔腸腰筋〕が緊張して腰椎の前弯を増強させ、さらに背中の過緊張をおこさせます。

長時間運転される場合はこのようなことがわかっているといいです。とくなが鍼灸整骨院では運転時のメカニズムを考えながら効果的なストレッチを行います。

ギックリ腰について

2018.04.29 | Category: 腰痛

ぎっくり腰ぎっくり腰はクセになると言われています。とくなが鍼灸整骨院にも同じ人がぎっくり腰で年に数回来られることもあります。

私も経験がありますがかなり強い痛みですべての動作が怖く、再発に必要う以上に恐怖を感じたのを覚えています。

なかには常時コルセットを常用しておられるかたもあります。筋力をつけたら大丈夫と言われることも多いと思いますが皆さんが普通しておられる腹筋では少し不足しております。

いかにお腹のインナーマッスルをうまく使えるようになるかです。筋肉隆々の方でもうまく使えてない人もおおいのです。

見分けかたの一つとして腹筋運動をするのに足を押さえてもらわないと上体を起こせない人です。ギックリ腰はトレーニングの仕方ひとつでクセにはなりません。とくなが鍼灸整骨院では筋コンディショニングを行います。

膝関節の原因で腰痛が発生??

2018.04.28 | Category: 姿勢改善,膝の痛み

膝関節が変形すると屈曲拘縮が起こります。

屈曲拘縮とは膝が曲がったままになり自力ではまっすぐに伸ばせにくくなるこをいいます。すると体の重心は後ろに移動します。

そのため身体が後ろに倒れないようにするために身体の前面にある筋肉が働いてバランスを保とうとしています。

重心が後方に長時間ある場合、筋疲労が徐々におこりはじめます。

すると背中を曲げて重心を前に移動させて重心を中心に保とうとします。

この状態が長く続くともとに戻らな円背〔背中が丸くなること〕になります。とくなが鍼灸整骨院では筋バランスを整え脊柱の動きを作りできる限りの姿勢矯正を行います。

当院へのアクセス情報

所在地〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目2-18 日東住宅3-106
駐車場なし(近隣にコインパーキングがあります)
電話番号06-6586-6816
予約お電話でのご予約が可能です。
休診日日曜日(祝日は不定休)